後悔しない家づくり応援!一条工務店i-smart

後悔しない家づくり応援!一条工務店i-smartブログ

【吹き抜けのある33坪コンパクト4LDK】これから一条工務店i-smartを建てる方が後悔しないように、実際に住んでいる人が我が家の実例を伝えていくブログ

一条工務店の住宅はエアコンがいらないって本当?いいえ、必要でした

f:id:sekitoba1007:20210131164122j:plain

 

一条工務店の住宅は性能が良いから、エアコンの追加はいらないって本当?

高気密・高断熱住宅だから、標準装備のエアコン1台で十分快適なの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

一条工務店i-smartに住み、4LDKの間取りを家族4人でそれぞれ使い3年が経ちました。

 

エアコンの追加設置が必要か否か、結論から言うと"各部屋に必要でした"です。

 

 

 

 

 

一条工務店の住宅はエアコンがいらないって本当?いいえ、必要でした

 

f:id:sekitoba1007:20210201163958j:plain

 

一条工務店の標準装備として、我が家にもエアコンが付いてきました。

 

1階のリビングに設置しています。

 

最初はこの1台に、2階の主寝室に1台を付けるくらいでなんとかなるだろうと考えていましたが、新築後はじめての夏を迎える前に各部屋にエアコンを後付けで追加することになりました。

 

6月下旬の時点で既に、このまま夏を乗り越えるのは不可能と判断したためです。

 

標準装備のエアコンはかなりパワフル!

 

f:id:sekitoba1007:20210131164553j:plain

ダイキン製F40UTAXP-Wのリモコン

我が家の標準装備エアコンは、ダイキン製F40UTAXP-Wです。

 

  • 冷房能力 :4.0kW
  • 暖房能力 :5.0kW
  • 電源タイプ:AC200V
  • 畳数目安 :14畳

 

※うちのは2017年製で、最新式ではありません。

※フィリピン工場火災の影響からサービスで無償グレードアップになってます。

 

このエアコン自体はかなりパワフルで、リビングもダイニングもキッチンも、更には吹き抜けなので2階の空間まで冷房が効くので、十分快適に感じます。

 

基本的に、我が家のコンパクトな住宅(33坪)なら全館の温度をコントロールすることはできそうなほどです。

 

ドアを締めたら?ロスガードの熱交換換気システムだけでは今ひとつ

 

f:id:sekitoba1007:20210131163716p:plain

熱交換換気システム「ロスガード90」

出典:熱交換換気システム「ロスガード90」|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

 

全室に効くならこの1台で十分じゃないか?と、家を建てる前の私は考えていました。

 

ただし、これは全ての部屋のドアを開けっぱなしにしているときの話なんですね。

 

ドアを閉めていると、エアコンの冷房で冷やされたリビングの快適な空気が、寝室にまで届きません。 

 

24時間熱交換換気システムのロスガードの空調があるので、ある程度は空気が循環して快適ではあるのですが、リビングと全く同じ快適さを常に感じることはできませんでした。

 

これはエアコンの性能がどうかではなく、ドアで隔てられた空間に快適さを届けるにはロスガードだけではさすがに足りず無理がある、というのが私の所感です。

 

もちろん効果が無いわけではありませんが、ロスガードがあれば大丈夫と油断せず、アシストのレベルと思っておいた方が良いでしょう。

  

我が家は全室にエアコンを追加済!真夏の寝室はさすがに暑いです

 

f:id:sekitoba1007:20210130181803j:plain

 

家族とはいえプライベート空間はしっかり確保したいもの。 

自室に入ったら、基本的にヘアのドアは閉めますよね?

 

特に寝る時などは寝室に暑さがこもりやすく、基本的に窓を開けて寝ることのない一条工務店の住宅に於いて、これはかなり致命的でした。

 

最初は扇風機やサーキュレーターを使って、なんとかしのいでいましたが、やはり時間の問題に変わりありません。

 

初夏にすんなり白旗を上げ、家電量販店で子ども部屋と私の部屋用として、同じエアコンを3台まとめ買いすることに。 

 

日当たりの良い次男の部屋と、4.5畳の広さしかない私の部屋は、特に暑くなりやすいですね。

 

出番は夏だけで十分!小さい部屋なら省エネ運転で節約も♪

 

f:id:sekitoba1007:20210131165208j:plain

 

各寝室にエアコンを追加設置しましたが、実は出番は夏だけで、省エネ運転でもかなり快適に過ごせています。

 

冬は床暖房だけで十分なので、エアコンの暖房は使ったことがありません。

 

床暖房については、こちらの記事で詳しく書いていますのでご参考に。

≫リンク:一条工務店i-smart床暖房はホントに快適?期待以上だった実際の生活

 

実家や職場の年季の入った建物では、夏場に設定温度を当たり前のようにガンガン下げる傾向にある私ですが、我が家ではわりと控えめな温度に設定しています。(笑)

 

妻や子供たちの寝室(6畳程)は26~27度で使っており、私の部屋(4.5畳)など27.5~28.5度が基本です。

 

自分でも信じられませんが、4.5畳だと寝る時は冷房の28.5度で十分涼しく感じます。

筋トレ中や風呂上りは下げますが、それでも27.5度ですね。

 

ちなみに、リビングの設定温度は25.5~26.5度がお気に入りで、帰宅後にスイッチオンして使っています。(24時間つけっぱなしではありません) 

 

 

我が家のリアルな電気代については、実例をこちらの記事で公開していますので、参考にリンクを貼っておきます。

関連記事

 

 

 

 

まとめ 

 

f:id:sekitoba1007:20210131165637j:plain

 

一条工務店の家にエアコンの追加が必要になった経緯と、実際の住み心地をご紹介してきました。

 

エアコンについて、我が家の実例と感想をまとめます。

 

  • リビングの大型エアコン1台だけだと足りなかった
  • エアコンの性能が足りないのではない
  • ドアを閉めた寝室は、熱交換換気システムの空気循環だけでは暑い
  • エアコンは各寝室に予め設置できるようにしておいて正解だった
  • 各寝室に追加したエアコンは省エネ運転で十分快適

 

高気密・高断熱が自慢の一条工務店ならではの疑問だと思いますので、今回もホンネでお伝えしました。

 

住み始めてから後悔しないために、しっかり備えて快適な生活を手に入れて下さい!

 

ZEH住宅で電気代を0に?トクする補助金給付制度あり!

 

電気代を節約しつつ補助金給付制度を活用する方法があります。

 

それは、ZEH(ゼッチ)住宅を手に入れること。

※ZEHとは、「ゼロ・エネルギー・ハウス」のことです。

 

いまZEH(ゼッチ)住宅が選ばれているのは、なぜか?
■通年の消費エネルギーを0以下にできるから
■国から補助金(今なら75万円)を受けられるから
■性能が高い住宅で、快適な暮らしが手に入るから
■今後主流になる住宅で、資産価値が高くなる傾向にあるから

 

4人家族が一般住宅で暮らすと、電気代は年間142,116円(総務省統計局の調査報告)で、10年間ではおよそ142万円にもなります。

 

ZEH住宅であればこれを正味0にできるので、とても注目されていますよね。

 

更に、国が推奨していることから補助金給付制度も活用できるので、どんどん普及されています。

 

ただし、募集対象や補助要件、補助金額は公募時期によって変わるのでご注意を!

 

補助金制度があるうちになるべく早目に活用することをオススメします。

 

こんな方のために、タウンライフ(ZEH住宅特集)を紹介
■得するなら、ZEHについて詳しく見てみたい
■忙しくて手が付けられず、家づくりがなかなか進まない 

 

簡単3分で、しかも無料で一括依頼できるサービス「タウンライフ」を紹介します。

 

得をしたい人は、行動に移しています。

あなたもぜひ、このチャンスをお見逃しなく!

 

≫リンク:【無料】簡単3分一括依頼「タウンライフ(ZEH住宅特集)」

 

 

 

【後悔しないための知恵袋・失敗事例】トップへ